葬儀のマナー|お悔やみの言葉の伝え方

Share on Facebook
Post to Twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ご遺族に対しお悔やみの言葉を伝える際には、いつ・どこで伝えるかによっても変わりますし、不適切な言葉があったりと、いくつかルールがあります。

どんなタイミングであったとしても、故人の死を悼む気持ちを込め、短く伝えましょう。

声のトーンは抑えて小さめの声で伝え、死因を尋ねることは控えましょう。

たびたび・重ね重ね・繰り返し等、不幸が重なるようなことを連想させるような言葉は使わずに、死ぬ・急死・生きる等、直接的な言葉を言い換えをするように、心配りをしましょう。

どのように伝えれば良いのかわからない場合は、一般的に「この度は誠にご愁傷さまでございます、心からお悔やみ申し上げます」と伝えましょう。

死への考え方は宗教によっても異なります。キリスト教の場合、死は悲しい終わりではなく、神の元へ召されるのです。その為、「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」という様に、お悔やみの言葉の意味自体が大きく異なります。参列の際には配慮できると尚良いですね。

ご家族の死に対し、ご遺族は深い悲しみを感じていらっしゃいます。

たくさん伝えたいことがある事とは思いますが、ご遺族のご負担とならないように配慮致しましょう。

管理人 の紹介

現役で走り続けていますが、ゴールも感じ始めています。今まで触れ合った人達、起こった事どもの痕跡を体の中に感じるようになりました。老若男女問わず、そういった想いを皆様と共感できれば幸いです。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です